プロフィール
ヒカル
ヒカル
こだわったって良いじゃないか、ミリオタだもの♪
アクセスカウンタ
深夜の迷惑メール登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 34人
ナイショ話はコチラ♪

2019年01月10日

今日のウ◯コ♪



変態のみなさん、こんばんはヽ(´ー`)ノ
今年もよろしくおねがいします。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ブログの更新が12月の頭から滞り、気がつけば1月も10日です。
サボりぐせが付いてしまったおかげでタイピングも忘れてしまい、ますます滞る一方ですw
社会人として自分が誇れる数少ない特技?のタイピングを忘れてしまうのは非常に困るので、もう少し更新頻度を上げたいところなのですがパソコンの前が部屋の中で一番寒いんですよw

さて今年も行って参りました新年最初のビクトリーショーへ。
到着したのは開催1日目、5日のお昼ごろですね。
当日は風もない快晴で暖かく非常に過ごしやすい日でした。

先に会場入りしていた友達と合流して軽く様子を聞いたあとに会場を一周。
以前なら大半がアメリカ軍関連の印象が強かったですが、ドイツはもちろんのことソ連・ロシアなどの東欧、旧日本軍などがバランス良く増えたような気がしました。
以前ならスルーしていたソ連軍に手を伸ばしてしまったことも一因なのでしょうが、欲しいと思うものは減りつつも見る楽しさは増えましたね。

そういえば前回のビクトリーショーで突然話題になったKMのストーナーは終了したらしいですね。
そんな話をナムフェスでお世話になったMKさんから聞いて手に入れておけば良かったかな?と思う半面、終了してしまったなら仕方ないと諦められて良かったと思ったり。
銃を手に入れてしまうと、それに合わせた装備が欲しくなるタイプのオタクなので、これで良かったのだと思いますw
既成品で満足してしまうと「ないものねだり」が影を潜めてしまい発想が貧困になってしまうのでネタを生み出すことも出来なくなってしまいますから。
それからMKさんに「Vietnamさんに会いました?」って聞かれましたが「面識がないので誰だかわかりませんw」ということで居場所を教えてもらいご挨拶したのですが、あとから本名で挨拶してもピンとこないかもな〜って思ったので、あれが僕ですw

さてここからは今回の収穫の報告です。

手ぶらで帰ることにならないための押さえでダミーカートのリンク。
いずれM60を仕上げたときにぶら下げるための第一歩ですね。
表面がすっかり酸化して黒っぽくなっているのでいずれ磨きます。








お次はプレーンツリー迷彩?の規格帽。
正式に規格帽に採用されたのはプレーンツリーとオークリーフの2種類だったと記憶してます。
それ以外は部隊ごとだったりローカルメイドだったりのはずです。
詳しいことは知らないので間違っていたら心の中で「ばーか、ばーかw」と笑ってくださいねw
一部、色がおかしいですが現物はかなり良い色です。
生地の雰囲気やスタイルも文句なしの出来です。
Mのスタンプの上からSを押し直しているのは検品したら小さかったからなのですかね?











お次もドイツ。
何かの映画で使用されたらしいKar98kの弾薬ポーチ。
その昔、1個3000円程度で買えたものが今や10000円を軽く超えます。
決して買えないってほど高くはないですが今の自分には現実的ではない価格なのでレプリカで十分です。
ただしパリッとした新品は嫌いなので出来の良し悪しはともかく使い込まれたものが欲しかったんです。
そろそろ発売されそうなS&Tのエアコキを買うことになったら必要になるな〜ってことで手に入れてみました。
なんせタナカの半額以下ですからね。
発売後の評価が怪しかったら何もなかったことにしますけどw




多分ですが詳しくない人が見たら実物とレプリカを見分けられないと思います。
使い込まれてしまうとあまり違いは目立ちませんしリベットの打ち方や金具が違うくらいです。
これも詳しくないので持ち帰ってから気づきましたが初期と後期?の組み合わせでしたね。
これから販売されるエアコキの仕様にもよりますが実用することはないと思うのでクリップの代わりの詰め物を探しておきたいです。
これに収まるスペアマガジンなんてショットシェルタイプか銀弾用しかないですから。








実物を買わなかった最大の理由がこれなんですが壊れてますw
値段が安かったのも魅力ですが「これネジがないから少し安いんですよ」なんて言われると欲しくなるジャンクマンなのですw




おまけに頂いた写真です。
着色に見えないので当時は貴重だったカラー写真の復刻なのでしょう。




終わり間際に見つけた今回で1番の掘り出し物。
ミリオタの3人に1人は持っているであろうフリースなんですが少しだけ珍しい特徴を備えてます。



スライダーがダブルなんです。
こればっかり10着くらい手に入れて2度目の入手なので支給され始めた頃にごく少数の支給でモデルチェンジしたと思われます。
だからなんだって程度のことで特に希少価値があるとは思ってませんし仕事で着潰す予定なので気づいて嬉しかったのと懐かしさだけですw
特に便利ってこともありません。






タグの文字はすっかり消えていますがサイズは多分S、、気のせいかもしれませんが海兵隊仕様のフリースのほうが若干スリムな気がします。
あとSは当たり外れがあって本当にSサイズのものも有ればMサイズ相当のものも有ります。
肩が苦しくて袖丈が足りないのは機能的に問題ありなので手放しました。
かと言ってMがベストってこともないのが難しいところなんですね。
日本人の謎のMサイズ信仰で「ピッタリです」なんて言ってる人の一部にダボダボでかっこ悪い着こなしの人っていますよねw






ビクトリーショーの報告はここまで。
M1カービンのパーツは構想ばかりで進んでません。
理由は前述のパソコン前の寒さw
深夜から早朝にかけての時間って家の中でも寒いんですよね〜
ではまた~








  • LINEで送る

同じカテゴリー(ビクトリーショー)の記事画像
今日の○ンコ♪
デカいう◯こw
予算壱万円の旅w
小便小僧に会ってきたw
訳あってVショーネタは小出し♪
遅いVショーの報告(^ω^)
さみしい報告
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。